【無料相談つき】おすすめの英語コーチング5選を紹介!

【初心者向け】シャドーイングで効果が出るまでの期間を解説!【3ヶ月が目安】

  • シャドーイングをはじめて効果が出るまでどのくらいかかるの?
  • シャドーイングのモチベーションを維持したい…
  • シャドーイングを効果的にトレーニングする方法を教えて!

シャドーイングは継続してトレーニングを行う事が重要です。しかし、どのくらい続ければいいかわからないことから途中で挫折をする方です。

この記事ではシャドーイングで効果がでるまでの目安の期間を紹介します。この記事を読めば、効果が出るまでの期間やモチベーション維持の方法がわかります。

ポイント

シャドーイングで効果を実感するには、毎日30分を3ヶ月間継続するのが目安です。習慣化やフィードバック依頼をしてモチベーションを維持しながら続けましょう。

目次

シャドーイングは効果が出るまでに3ヶ月は必要

シャドーイングで効果を実感したいなら最低でも3ヶ月は継続しましょう。英語のスピードや音の変化に慣れるためにはある程度の時間が必要だからです。

シャドーイングを行う時間は、毎日30分程度を目安にしてください。30分経てば、英語に耳や口が慣れてくるからです。逆に60分以上続けると口が疲れてくるので、効果が半減します。

シャドーイングで期待される効果

シャドーイングで期待される効果は以下のとおりです。

  • リスニング力の向上
  • 発音の改善

リスニング力の向上

シャドーイングを継続すれば、リスニング力が向上します。リスニングの中でも「音声知覚の自動化」を促すトレーニングとなります。

音声知覚の自動化とは

リスニングを行っているときは脳内(ワーキングメモリ)で以下の2つのプロセスが流れます。

音声知覚
聞こえてくる音声が、どのような単語であるかを認知すること
意味理解
音声がどんな意味なのか理解する

ワーキングメモリとは

ワーキングメモリとは、外から入ってくる情報を一時的に保存・処理する能力のこと。ワーキングメモリで処理できる情報には上限があります。

リスニングができない人はワーキングメモリが音声知覚でいっぱいになり、意味理解にリソースを費やせません。シャドーイングは音声知覚を自動化して、意味理解にワーキングメモリを使えるようトレーニングします。

発音の改善

シャドーイングを行うと英語の発音も改善します。シャドーイング教材の音声を真似ながら発音するからです。

シャドーイングで効果を出すためのコツ

シャドーイングを効果的に行うためのコツは以下の通りです。
≫シャドーイングの正しいやり方【7つの手順】

  • 英語の発音や音の変化をメモしておく
  • オーバーラッピングを行う
  • 同じ教材を繰り返す

英語の発音や音の変化をメモする

英語の発音や音の変化をメモしておきましょう。発音をメモすることで発声がしやすくなります。

シャドーイングの音源の長さについて

シャドーイングは30秒〜1分くらいの教材で行うのがベスト。これ以上長いと発音や音の変化を意識することが難しくなり、モチベーション低下にもつながるからです。

教材が長い場合

YouTube動画など教材が長い場合は、動画教材を30秒ごとに区切りましょう。数回に分けて少しずつ繰り返し行うことがポイント。

オーバーラッピングを行う

音の変化が理解できたら、オーバーラッピングを行います。オーバーラッピングとは、スクリプトを見ながら流れてくる音声と同時に発声を行うトレーニングのことです。

いきなりシャドーイングをしても音源が速くて聞き取れない場合があります。その場合、オーバーラッピングで英語の音に慣れるまで練習することがおすすめ。

同じ教材を繰り返し練習する

シャドーイングを行う際は同じ教材を繰り返しましょう。シャドーイングでは1つの音源のアクセントやイントネーション、音の変化を完全に再現できることが重要だからです。

あくまでも目安ですが、ひとつの音源に対して50〜100回くらい練習を繰り返すのが目安。1日ではなく、3〜4日間に分けてトレーニングを繰り返しましょう。

シャドーイングを継続するためのコツ

シャドーイングは単調な作業が多いです。以下のコツを抑えておけば挫折をせずに継続することができます。

  • 習慣化する
  • 目標を決める
  • フィードバックを受ける

習慣化する

シャドーイングを継続するためには、習慣化が重要です。習慣化することで無理せずに学習できるからです。

例えば以下のようにシャドーイングをやる時間を決めてみてください。

  • 朝起きたら10分学習する
  • 昼休みに30分学習する
  • 風呂上がりに15分学習する

継続するためにはシャドーイングを生活の一部にすることが重要。継続のハードルを下げるためにも、やる時間を決めましょう。

目標を決める

シャドーイングをするなら目標を明確にしてください。目標を決めることでモチベーション高く学習できます。

  • 1ヶ月後にTOEICのリスニングパートで50点アップする
  • 3ヶ月後にVERSANTで5点アップする
  • 半年後の英語会議でネイティブと滞りなくコミュニケーションをとる

目標がないとどうしてシャドーイング学習をしているかわかりません。学習の目的がないため、挫折する可能性が高くなります。

フィードバックを受ける

シャドーイングを継続するには、第三者からフィードバックを受けるのも手です。フィードバックをしてくれると「今日もシャドーイングをやらなきゃ」と強制力が働くからです。

フィードバックしてくれる人が身近にいない場合

周りに英語に詳しい人がいないという人は、外部の添削サービスを活用するのも手です。「シャドテン」というサービスでは、英語のプロがマンツーマンで1日1回シャドーイング音声を添削してくれます。

1日30分から、自分にあったレベルの教材で練習ができるので、初心者の方でも無理しないペースで始めることができます。
≫シャドテンを4ヶ月毎日使用したレビュー

効果が出るまでは無理をせずシャドーイングを継続しよう

シャドーイングで効果が出るには、最低でも3ヶ月は継続が必要です。以下のポイントを意識しながら効率的にシャドーイングを行いましょう。

  • 英語の発音や音の変化をメモしておく
  • オーバーラッピングを行う
  • 同じ教材を繰り返す

ポイント

シャドーイングは正しく行えばリスニング力が改善します。習慣化や目標設定を行い、モチベーションを維持しながら1日30分を目安に継続しましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる