【7日間無料体験つき】英語のプロからシャドーイング添削!

VERSANTスピーキングテストを受けてみた!【1分で結果が出る】

  • TOEICで700点前後あるのに、全然英語を話せない。
  • スピーキングの試験を受けたいが価格が高いものばかり。何かいい試験ないかな?

TOEICは点数が取れるけど、英語は全然話せない。」と考える人は多いです。

TOEICL&R(リスニング&リーディング)で求められる力と英語を話す能力(スピーキング力)は、一長一短では身に付きません。目標を持ってトレーニングすることが重要です。

とはいえ、TOEICやTOEFLなどスピーキングを含む試験は、受験料が1万円以上するから手が届かない…。

そんな方には近年英語力を図る資格試験として注目されている、VERSANTというスピーキングテストがおすすめ。

今回は、TOEIC850点を取得し、外資系企業で英語を使う筆者が、VERSANTを受けた感想と考えられる対策について書いてみました!

スピーキングのテストを受けてみたい方にはぜひご覧ください。

目次

VERSANTはスピーキングテストの1つ

VERSANT(ヴァーサント)とは、ロンドンに本部を置くPearson(株)が開発した英語スピーキングテストのこと。特徴的なポイントとして、高度な言語認識、自動採点システムが採用されていることがあります。

スマホからいつでもどこでも受験できることが大きなメリット。機械による自動採点システムが採用されているため、受験後1分以内に結果が判明することも大きな利点です

項目説明
試験名VERSANT(ヴァーサント)
運営団体Pearson(日本では、日本経済新聞)
試験概要スピーキング、ライティング
試験項目音読、要約など(後述)
所要時間約17分
スコア20~80点
受験料5,500円
採用団体Hilton、JT、クラレなど大手企業で採用
VERSANT公式HPより

VERSANTの3つのメリット

VERSANTのメリットとして、他の英語試験と比較して、主に以下の点が挙げられます。

  • 受験場所を選ばない
  • 受験料が安い
  • テスト結果が判明するのが早い

詳細に比較してみました。

テスト
TOEIC S&W

TOEFL

VERSANT
受験場所指定会場指定会場PCやスマホ受験
受験タイミング毎月1回毎月3〜6回制限なし
受験料10,645245ドル5,500円
テスト結果17日後6日後1分後
公式HP詳細を見る詳細を見る詳細を見る
各公式HPより

VERSANT受験までの5つの手順

VERSANTを受験するための5つの手順を解説します。この手順を見れば、VERSANTの申し込みから受験までできるようになります。

① VERSANT公式HPより申し込み
② 受験番号をメールにて取得
③ 受験方法の選択
④ 注意点確認
⑤ 試験開始

① VERSANT公式HPより申し込み

VERSANT公式HPより申し込みを行います。HP右上の「個人で受験をご希望の方」をクリック。クリックすると、VERSANT販売代理店一覧として、「株式会社ディスコ」か「ドリームブロッサム」の2つが表示されます。どちらから申し込んでも手続きは一緒です。

この記事では、株式会社ディスコから申し込みを行うフローを説明します。

① – 1. 株式会社ディスコを選択

① – 2. 「個人の方の受験 お申し込みはこちら」を押下

① – 3.「コンビニ店頭」もしくは「クレジットカード」のどちらかを選択

① – 4. 必要事項を入力し、申込みを行う

表示画面に沿って、必要事項の入力を行い、申し込み手続きを進めます。

  • 留意事項の確認   → 「同意します」を選択
  • 申込内容の選択   → 「英語スピーキングテスト『Versant』」を選択。「次へ」を押下。
  • 申込詳細の選択   → 「英語スピーキングテスト『Versant』」を選択。「次へ」を押下。
  • お申込み内容の確認 → 「次へ」を押下
  • お客様情報の入力  → 必要情報を入力
  • 申込完了

② 受験番号をメールにて取得

登録したメールアドレス宛に受験番号が送付されます。申込完了後、数日後に来ることが多いので注意しましょう。

③ 受験方法の選択

受験番号が届いたら、専用のソフトウェア、スマホアプリ、ウェブブラウザの3択から受験方法を選択。私は、スマホアプリを選択しました。

④ 注意点確認

スマホから読まれる注意点を確認します。

⑤ 試験開始

試験を開始します。所要時間は約17分。受験後、約1分で結果が出るため、TOEICなどの英語試験と比較すると、かなり早いです。

VERSANTのテスト内容【6つの大問】

VERSANTの大問構成を解説します。VERSANTは以下の6つの大問、計63問で構成されています。

パート内容説明
音読8問表示された文章を支持された順番通りに読み上げる
復唱16問音声で流れた英文を聞こえたとおりに繰り返す
質問24問質問に単語(フレーズ)で答える
文の構築10問3つのフレーズを聞いて、正しい文になおして答える
話の要約3問短い物語を聞き30秒間で要約する
自由回答2問質問に対して自分の意見を自由に回答する
VERSANT公式HPより

また、VERSANTでは、以下4項目に沿って自動採点されます。流暢さ・文章構成がスコアの6割を占める重要な要素です。

  • 発音   20%
  • 流暢さ  30%
  • 語彙   20%
  • 文章構成 30%

上記4つの要素に加え、以下のポイントも自動採点に反映されます。

  • 答え始めるまでの時間
  • 回答の長さ
  • ためらい、休止、詰まり
  • 音声のピッチとトーン
  • 音声の強勢とイントネーション

パートA:音読8問

・内容:表示された文章を支持された順番通りに読み上げる。
・評価ポイント:流暢さ・発音

緊張しながら受験。アプリに英文が表示されます。噛まないよう、まずは落ち着いて読無用に心がけました。発音ミスしないよう、ゆっくり丁寧に発声。

あとから知ったのですが、採点基準では流暢さ:30%、発音:20%と、流暢さの方が得点に繋がりやすいようです。発音間違いがないようにゆっくりと読んでみたのですが、それが低スコアの原因となってしまったと推測。

パートB:復唱16問 

・内容:音声で流れた英文を聞こえたとおりに繰り返す
・評価:流暢さ、発音、文章構文

例文

Please repeat each sentence that you hear.

(試験の声)Will you visit the cemetery next weekend?
(回答)Will you visit the cemetery next weekend?

パートBでは、試験で流れた音声をそのまま繰り返す復唱を16問行います。

最初は4単語くらいで簡単なのですが、後半になるにつれ、徐々に単語数が増えていき、前半部分に言ったフレーズを忘れてしまうことも…。

数秒前に聞いた英語を頭の中に留めておく短期記憶が高得点のカギになります。

パートC:質問24問

・内容:質問に単語(フレーズ)で答える
・評価:語彙

例文

(試験の声)Would you get water from a bottle or a newspaper?
(回答)From a bottle. / A bottle.

パートCは、聞こえてくる質問に回答します。疑問文の種類としては、感覚的ですが、以下の通り。

・2択から答えを選ぶ:6割
・疑問詞(What、Whenなど):3割
・その他:1割

パートCの感想としては、問題数が24問と非常に多いこと。前半は非常に簡単な文章ですが、後半になるにつれて文章が長くなるので、集中して聞き取る必要があります。このあたりでだいぶ集中力を消耗しました…。

傾向としては、前半はほとんど2択選択問題のため、後ろのパートが重要と感じました。一方、後半になると、疑問詞で聞かれる質問も出てくるので、一番最初の疑問詞が何なのかを聞き取る必要があります。

パートC傾向
前半パート:2択問題 → 後半部分が重要
後半パート:疑問詞  → 一番最初が重要

パートD:文の構築10問

・内容:3つのフレーズを聞いて、正しい文になおして答える
・評価:流暢さ、文章構文

例文

(音声)was reading / my mother / her favorite magazine 
(回答)My mother was reading her favorite magazine.

前半は例文のように比較的簡単な文章から始まりますが、中盤以降、文章が長くなるため、短期記憶に留めて置けるかがポイント。

単語を聞いて、瞬時に文章を組み立てます。なお、文法力としては、中学卒業レベルまでが求められた印象です。

パートE:ストーリー要約

・内容:ストーリーを聞いて、30秒で内容を要約します。
・評価:流暢さ、文章構文、語彙、発音

パートF:自由論述

・内容:あるテーマに関して、40秒で意見論述します。(パートFだけ英文が2回読まれます。)
・評価:流暢さ、文章構文、語彙、発音

例文

Would you like to live in a large city or small town? Please explain why.

個人的には、指定された英語を聞き取るよりも、自分の意見を並べて意見を言うパートFの方が、まだやりやすいと感じましたが、それでも焦ります。

また、40秒は意外と短いので、PREP法でスラスラと端的に表現した方がいいでしょう。

PREP法とは?
P(Point)要点、R(Reason)理由、E(Example)例示、P(Point)結論の略で、ビジネス現場でも使われる主張の型になります。

PREP法については、別記事でも解説しています。

VERSANTのパート別対策

パートA「音読」対策

・内容:表示された文章を支持された順番通りに読み上げる。
・評価ポイント:流暢さ・発音

パートA「音読」では、流暢さ・発音が評価されます。そして、VERSANTの採点によると、流暢さの方が採点が大きいため、「ゆっくり確実」よりかは、「滑らかにネイティブっぽく」読んだ方が採点が高くなると考えます。

パートB「復唱」対策

・内容:音声で流れた英文を聞こえたとおりに繰り返す
・評価:流暢さ、発音、文章構文

パートB「復唱」は、流暢さ・発音・文章構文が採点されます。

Versantテストの採点基準として、回答まで間があると「英語を聞くことに脳のリソースを取られている」と判断され、減点対象となります。

特に後半になるにつれ、前に言ったフレーズが思い出せない焦りが出てきます。対策としては、たどたどしくならず、なるべく英語のリズムを外さずに発音することが重要です。聞こえた英語のフレーズを「英語っぽく」発音することがポイント。

パートC「質問」対策

・内容:質問に単語(フレーズ)で答える
・評価:語彙

AIが採点するので、シンプルにネイティブっぽくBottle of waterと発音するほうが点数が高くなるかもしれません。また、選択肢の英語がわからないと回答ができないことから、日頃からの単語力の強化が重要になります。

パートD「文の構築」対策

・内容:3つのフレーズを聞いて、正しい文になおして答える
・評価:流暢さ、文章構文

パートDでは、流暢さと文章構文が評価されます。単語と文法を頭の中で瞬時に組み立てる能力が求められます。パートDはVERSANT特有の問題なので、パートDに特化したトレーニングはありません。強いて言うなら、知っている単語や文法を瞬時に組み立てる瞬間英作文で瞬発力を鍛えることがベターでしょう。

瞬間英作文については別記事でも解説しているので、そちらをご参照ください。

パートE「ストーリー要約」対策

・内容:ストーリーを聞いて、30秒で内容を要約します。
・評価:流暢さ、文章構文、語彙、発音

パートE「ストーリー要約」では、流暢さ・文章構文・語彙・発音が評価されます。

流れる英文は比較的シンプルで、中学英語で十分対応可能。ストーリーもわかりやすかったですが、登場人物・状況・結果を発言しないといけないと思いながら聞いていたら、大事な部分を聞き逃してしまいました。

パートF「自由論述」対策

・内容:あるテーマに関して、40秒で意見論述します。(パートFだけ英文が2回読まれます。)
・評価:流暢さ、文章構文、語彙、発音

パートF「自由論述」では、流暢さ・文章構文・語彙・発音が評価されます。

日本語でいいので、あらゆる時事問題・関心事に対して意見を考えるようにしましょう。日本語で表現できないことは、英語でも言えないからです。

VERSANTを受けてみた感想

パートごとにいうと、パートBやDが難しかったです。ネイティブの発言する言葉をメモを取らずに聞き取り、短期記憶に留めておけるかが重要でした。

また、リスニング力も非常に重要です。パートFを除いて1回しか読まれない、ゴニョゴニョ話している時もあるなど、さまざまなアクセントを持つネイティブの英語に慣れるかが大切だと思います。

VERSANT目安のスコア

結論から言うと、私のスコアは47点でした。B1ギリギリと言うところ。

地震があっただけに、非常に悔しいです。

VERSANTのスコア目安【日本人平均点は38点】

VERSANTのスコア目安は大まかな以下の通りです。

・58点:上級者の仲間入り
・47点:英語でビジネスを行う最低ライン
・38点:日本人の平均スコア

ちなみに、ヨーロッパ言語共通参照枠(CFER)という言語能力のレベルとの対応表ですが、以下になります。

CEFRの対応レベル
A1:学習を始めたばかりの者・初学者
A2:学習を継続中の者・初級者
B1:習得しつつある者・中級者
B2:実務に対応できる者・準上級者
C1:優れた言語運用能力を有する者・上級者
C2:母語話者と遜色のない熟練者

VERSANTのスコア目安の詳細については、別記事でも解説しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる